オーダーならではのステンレステーブル

施行例

茨城県S様邸


茨城県S様テーブル2
製作前の話

ステンレスキッチンにあわせたステンレステーブルを製作してほしいとのご依頼でした。
キッチンは他社様製ですがもちろんそれらに合わせることは可能です。
お話を伺うとステンレスキッチンで使用したステンレスの研磨種類はヴァイブレーショーン(V.L)
V.Lを選択するお客様はかなり多く、どなたも異なったこだわりをお持ちですね。
そして搬入はご自身でやられるということでしたので弊社までトラックできてもらい
積み込みをお手伝いしての引渡しとなりました。

引き渡し

今回のステンレステーブルの搬入はお客様ご自身でやられるということでした。
ですのでお客様自身で弊社までトラックできてもらい積み込みをお手伝いしての引渡しとなりました。

お客様自身で設置

テーブルに関しましては四本の脚にあるアジャストを回して高さを均一に調整するだけです。

搬入経路を確保

引越しと同様経路の確保は大切です。
せっかく作ったテーブルが家に入らない、または途中の通路でつっかえて入らないなんてことは
笑い話にすらなりません。
過去には搬入するのにリビングのドアをはずさないと搬入できなというケースもありましたので
経路の下見は採寸はしっかりしましょう。

選択の自由

なかなか積込・搬入をご自身でやられるお客様は少ないですが
少しでもコストを削りたい場合などは今回のようなケースでのお渡しとなります。
特にステンレステーブルという設置が簡単なものについてはお客様自身で搬入がしやすいと思います。
ただ重さはかなりの重量になりますのでその分人手は必要になるでしょう。
大人4人での搬入が望ましいです。
弊社とのご契約上、このメーカーを使わないとダメですとかお客様が手をだすようなことはできません等、
制約が発生するようなことをせず柔軟に対応させていただきます。




詳細はこちら→遠山製作所blog 茨城県S様邸のテーブルのご紹介です

ご注文から搬入までの流れについて

 施工例一覧へ戻る

現在地:トップページ施行例

サイトマップ