パイプで組み上げたオーダーキッチン

施行例

台東区O様邸

扉絵

車椅子対応キッチンの前提仕様

車椅子でキッチンを使う時に重要なことはなんだと思いますか?

答えはキッチンの「高さ」とキッチン下の「スペース」です。

通常のキッチンを立って使う場合も同じですが、車椅子に座ったまま作業できる高さが必要になります。

続いてキッチン下のスペースが必要になるでしょう。

車椅子に座った状態で作業する場合は、体をキッチンにより近づけないと作業しにくくなり、

車椅子が入る分のスペースがキッチン下に必要となってきます。

車椅子対応のキッチンはこの二点を解決することで使いやすいキッチンとなります。



ステンレスキッチンを希望した理由

御施主様は車椅子を使用しているという理由で

・車椅子のまま使えるキッチンが必要だった(高さの低いキッチンがいる)

・化学物質過敏症のためホルムアルデヒドを使わないオールステンレスのキッチンを希望していた

(ここで言うオールステンレスのキッチンとは下地材に合板を含めない

ステンレスのみで組みあがっているキッチンのことをさします。)

この様な条件を満たしていた弊社をご指名いただきました。

まずは御施主様が車椅子に乗った状態で使いやすいサイズ決めをします。

前提となる仕様としてキッチンの総高が重要になります。

車椅子に座ったまま作業しやすい高さを検討してもらい、座ったまま前に来れるようにシンク下をオープンにしています。

(通常はガスレンジ下もスペースを空けます)



設計・製作してみて

御施主様のアレルギーや車椅子での生活を考えると既製品での対応は明らかに無理でした。

フルオーダーができる弊社のオーダーキッチンは希望している仕様に対して

今回のような場合フルに活かされるものだと実感したのを覚えています。

オーダーキッチンをご注文される方々の理由は様々です。

しかしその中でも「これじゃないとダメ」と最後の選択肢になれるのは嬉しい限りです。



詳細はこちら→遠山製作所blog O様邸キッチン

ご注文から搬入までの流れについて


 施工例一覧へ戻る

現在地:トップページ施行例

サイトマップ